モテ法則③タッチングを有効に活用する

モテ法則③タッチングを有効に活用する

モテ法則③タッチングを有効に活用する

私が彼女を初めてゲットしたときに有効だなって感じたのがタッチングでした。

 

このタッチングは絶対に有効なので覚えましょう!

 

しかし、女性からのタッチングは親密度は高くなっても貴方を男性として意識しているわけではないので勘違いしないことも大切です。

 

 

 

女性は、ある程度打ち解けると、色々な場面で貴方を触ってくると思います。タッチング自体は女性にとってそれほどハードルの高い行為ではなく、コミュニケーションの一環位に考えておいてください。

 

あの娘、俺のこと良く触ってくるけどもしかして俺のことを好きなのかな?なんて絶対に勘違いしないでください。
勘違いして告白してもフラれるだけです。

 

重要なのは、自分が相手にさわること

 

でも、ただ触るのでは変態扱いされかねません。

 

最初にお話しした会話の聞き役に徹して、ある程度女性が心を開いてきたなって感じて初めてタッチングが使えます

 

 

 

また、親密度が高くなくても使える方法があります。それは、初対面での握手です。

 

握手をした人としない人では好感が違うだけでなく、よく覚えてもらえます。わたしは、初対面のひとに対し、できるだけ握手をするようにしています。

 

握手なんて出来るわけないよ。。。

 

 

そう思われる方も多いと思います。でも、これは慣れです。習慣づけるようにすれば自然とできるようになります。外人さんのようにハグはキスまでしろとは言ってせん。

 

せめて握手で親密度、好感度をアップしてみてください。

 

また、コミュニケーションがうまくいき、次のステップに進みたいって方は、立ち話中などで、相づちの代わりに軽く肩をタッチしてみるとか、背中を軽くタッチするとかしてみてください。

 

ただし、タッチングは一つ間違えるとセクハラになってしまいます。

 

 

 

【タッチは絶対に軽くです!】

 

親密度が低いうちにタッチングを使うとパーソナルスペースを侵されたとして忌み嫌われる場合もありますので、親密度をもう一歩高めるための手段として使ってくださいね。親密度が低いうちは、握手にとどめておいてください

 

でも、タッチングの効果は絶大だと感じるとおもいますよ。

 

 

 

モテ法則④を読む
トップページへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、ネットのコミュニティーやゲームのオフ会に参加して恋人が見つかるというケースもあります。しかし、多くの場合は、オフ会など出会いの場でないところで異性にアタックする人は、タッチングでモテる厨という不名誉な名前で呼ばれかねません。オフ会の参加者はみんなフリーだとは限りませんし、恋人を探す目的でオフ会に行くのはおススメできません。話の合う交際相手を望んでいるならば、余計な遠回りをせずにタッチングでモテる系サイトで似たような趣味の相手を見付けるのが早いでしょう。非モテだった友人が風水に凝り始めて、だんだん変わってきました。部屋の空気がにごるからと整理整頓を心がけ、恋愛運が良くなるというグッズを窓辺や玄関に置き、雰囲気のいい出会い系サイトに登録してみたら、理想に近い彼氏が出来たとノロケを聞かされました。最初は、急に風水なんてどうしちゃったんだろうと思いましたよ。でも、実際に二人で仲良さそうにしているのを見て、これってアリかもと思いました。私だったらタッチングでモテる系で彼氏探しなんて思いつかなかったでしょうし、友人みたいに積極的に行動してみたいですね。自ら行動しなければタッチングでモテるの機会がないのはわかっているつもりでも、自分を変えるほどの一歩を踏み出すのは大変で、その一歩を踏み出すタイミングを逃していることも多いです。あなたが変わりたいと望むのだったら、出会い系サイトが最も的確にタッチングでモテるを求めることが出来るツールでしょう。自宅にいても出会いのキッカケを掴むことが可能ですし、気に入らなければいつでも止められます。利用するのが男性なら、少し努力が必要ですが、利用するのが女性なら、登録するだけでメッセージがくるはずですから、新たな一歩をここで踏み出してみてはいかがですか。

ホーム RSS購読 サイトマップ